銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
osusume103102

 ~五感で感じる自然光~銀ステエコツアー

宿泊

トヨタ白川郷自然學校に泊まって・・

天生湿原(あもう)の水芭蕉とブナの森

【期日】 2017年6月7日(水)~8日(木)
(1泊4食)

【旅行代金】

 2名1室 55,000円

 1名1室 62,000円

【出発地】 JR大阪駅・京都駅(午前発予定)

※添乗員同行、1泊4食付

【ポイント】

岐阜県の北部、高山植物群、高層湿原、ブナの原生林など貴重な自然が残る天生の森は、まさに花と野鳥の楽園。一年の約半分を雪に閉ざされ、入山可能となる6月から徐々に緑が深まり、生命が輝く新緑のシーズンを迎えます。登山口(天生峠)からわずか30分ほどで、天生湿原に到着。6月は水芭蕉が見頃を迎え、一面の花景色。その後、フカフカの登山道を進み、原生林を抜けていくと、どんどん緑が深まっていきます。爽やかな風に木々の葉が揺れる音が聞こえてきそうな静かな世界。

パトロール員の皆さんが日々山に入り、利用者が快適に歩けるようにと整備してくださっているのも安心です。


 

【宿泊地】  (洋室1~2名1室)

➊トヨタ白川郷自然學校

 

 

3日間 スケジュール
1日目 JR大阪・京都駅(午前発予定)++【特急】++金沢駅=1、白川郷(合掌造り集落、散策)=白川村【泊】*フレンチのご夕食。温泉大浴場がございます
2日目 =1、天生県立自然公園(天生湿原からブナの森、カツラの巨木群をめぐるハイキング *ネイチャーガイド同行*標高1,500m付近*弁当昼食)=金沢駅++【特急】++京都・大阪駅(夕刻着予定)

歩行/2日目/約5時間、距離約4.2km、標高差150m

✈:飛行機 =:車両 +++:鉄道 …:徒歩

 

 

宿泊

〈事前予約入山〉

新緑と山野草 乗鞍山麓 神秘の森「五色が原」

【期日】 2017年 6月15日(木)~

      17日(土)(2泊7食)

【旅行代金】

 2名1室 69,000円

 1名1室 75,000円

【出発地】 新大阪駅・京都駅

※添乗員同行、2泊7食付

 五色 カモシカ

【ポイント】

五色が原の森とは、乗鞍岳の山麓に広がる森です。個人で入山することはできず、必ず事前に予約して専用のマイクロバスで入山します。五色ヶ原の森の入山期間は毎年5/20~10/31で、貴重な自然を守るため1日の入山数を厳しく制限(つまり、広大な森がほぼ貸切状態です)。そして、グループごとに地元のベテランガイドがついて、森や花、生き物のことなど、楽しく話をしながら歩いてくれます。6月は木々が芽吹き、やわらかな新緑に包まれる頃。可憐な山野草もきっと顔を見せてくれるはず。果てしない時を経て形成されてきた“静”の部分と、常に水が流れ変化をみせる“動”の部分。その両方を感じることができる、神秘の森です。

 

【宿泊地】  (各1~2名1室)

➊➋ジョイフル朴の木

  (洋室、バス・トイレ共同)

☆温泉大浴場がございます

 

3日間 スケジュール
1日目 ❶JR新大阪・京都駅(午前発予定)++【新幹線】++名古屋++高山-〈路線バス〉-高山市丹生川【泊】 
2日目 ➋-1、五色ヶ原の森(幾つもの滝をめぐる「カモシカコース」ガイドウォーク *弁当昼食 *大きな荷物は宿に置いて身軽に歩きます)-高山市丹生川【泊】 
3日目 ➌=1、新穂高ロープウェイ(北アルプスの絶景が広がる雲上の世界へ)=高山++名古屋++JR京都・新大阪駅(夜着予定)   

歩行/➋約8時間(昼食・休憩含む)、6.7km、標高差260m 

現地標高 1,500m付近

このコースは靴マー③となり山岳保険加入が必須です(おひとり500円)

コースの詳細など、お問い合わせください。

 

✈:飛行機 =:車両 +++:鉄道 …:徒歩