銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
銀ステ旅先案内人

銀のステッキアーカイブ

2017年9月15日
英国湖水地方とコッツウォルズ ~添乗員報告です~
銀のステッキでは3年ぶりとなる英国ツアーから帰ってまいりました。 公共のハイキングルートともいえる“フットパス”歩きを取り入れた前回は、 現地の地理に詳しいイングランドのガイドさんに案内してもらいましたが、 今回は観光中心ということで、ロンドン在住の日本人ガイド、 鈴木真紀さんに一週間にわたり行程をともにしていただきました。 まずはイングランド北部の湖水地方へ。 ...

詳しくはこちら>>


2017年9月14日
京都迎賓館・ガイドツアー~添乗員報告です~
東京・赤坂迎賓館と並び、海外からの賓客をもてなすため 平成17年に開館された京都迎賓館へ行ってきました。 赤坂迎賓館の洋風建築に対し、京都迎賓館は古都にふさわしく 「現代和風」の佇まい。 基本構造は鉄筋コンクリート造りなのですが、ふんだんに木材も使用されているため 温かみのある建築となっています。 ガイドの方のご案内で、迎賓館内部の説明を聞きながらの 楽しいツアーでした。 「現代和...

詳しくはこちら>>


2017年9月13日
片貝の大花火~添乗員報告です~
日本一の花火と言えば大曲の花火 花火を愛し、花火に愛されたスタッフが 大曲の他にもうひとつ、好きな花火をあげるとすればここ、「片貝の花火」 と言っていました 残念ながら添乗が重なり、花火担当のスタッフは海外へ ごめんなさい、代わって行かせていただきました 片貝花火は、「奉納花火」 浅原神社へ奉納する花火で 個人や企業が色々な想いを込めて花火を奉納します 観光客のた...

詳しくはこちら>>


2017年9月8日
四国まんなか千年ものがたり~添乗員報告です~
今年の春にデビューした、週末限定運行の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」 略して千年列車の旅へ。 その名の通り四国の真ん中を目指します。 今回は香川の多度津駅から徳島の大歩危駅を目指す「そらの郷紀行」、約2時間半の列車旅。 天気が非常によく、緑の山々と川面の景色が素晴らしく気持ちよかったです。 四国の四季をイメージしてデザインされた車両。春・夏・秋の3両編成です。 週末だけの運...

詳しくはこちら>>


2017年7月26日
天神祭、船渡御 ~添乗員報告です~
日本三大祭の一つで、大阪天満宮の天神祭は、25日、本宮を迎えました昼過ぎには、天満宮から陸渡御がスタート次第に祭りムードが高まり盛り上がりをみせる浪速の町浴衣姿の男女、法被姿の町衆、後姿が妙に色気を感じさせますそして、祭りのクライマックス「船渡御(ふなとぎょ)」では約100隻の大船団が、今か今かと出航を待ちわびています祭りが始まる前のそわそわした雰囲気、大阪ならではのにぎやかさ、夏ならではのアツい...

詳しくはこちら>>


2017年7月19日
黄色いスペイン・ピレネー山麓 ~添乗報告です~
かの国から帰国して数日。あれ、目が疲れてるのかな、なんだか色彩が地味やなぁ…と思ったら、スペイン帰りだからなのでした。スペインのカタルーニャ地方とピレネーを訪ねた9日間。人も、花も、お料理も、色鮮やかな国でした。バルセロナ旧市街の小径カタルーニャ音楽堂の見事な天井フィギュアではありません。完成間近!今なお工事中のサグラダファミリア西日を浴びて輝くサグラダファミリアのステンドグラスこちらもガウディ作...

詳しくはこちら>>


2017年7月15日
富良野ガーデン街道 ~添乗員報告です~
富良野と言えば北海道の真ん中、つまり北海道の“へそ”をめぐる3日間ですいつもお世話になっている佐藤ドライバー、こんな可愛い手作りの地図を皆さんに作って配ってくれましたズバリ、真ん中、ですねそれが証拠に”北海道中心標”富良野小学校の校庭にあります北海道の地図の下から、ここに棒を当てれば釣り合うってことかしら?しばらく走ると、富良野の代名詞、ラベンダー畑バックの十勝岳、大雪山系もまだ残雪を抱いています...

詳しくはこちら>>


2017年6月15日
彩北の花の島、礼文島 ~添乗員報告です~
「今年はどんなお客さん?」 礼文島のいつもお世話になっているドライバーさんから連絡があり 「いつものウニ丼でいい?次の日は炉端でちゃんちゃんだよね」 続いて礼文島にふたつしかない漁協組合さんからもそれぞれ連絡 そこで私の導火線に火が付きました、そろそろ礼文島の季節・・・! 銀のステッキをたちあげた初年度からご案内している礼文島のツアーは 今年で8回目となり、礼文島が...

詳しくはこちら>>


2017年6月10日
木霊の森、天生(あもう)湿原
「天生」と書いて何と読むのか分かりますか? てんしょう?てんせい?答えは「あもう」です。 私は、ここ飛騨市で生まれて育って、飛騨の森が大好きで、 もう何十年も飛騨の森を案内しています。 今日は雨ですけど、雨でしか見られない景色や花の姿もあって 晴れている時よりも、多くの発見があると思います。 是非、皆さんもこの森を好きになって帰っていただきたいと思います。 こんな...

詳しくはこちら>>


2017年6月2日
ほのぼのかかしの里〜添乗員報告です〜
あの〜  並んでます? あら?   安心してください、 「かかし」ですよ!     あ、ご、ごめんなさい! 安心してください、 こちらも「かかし」ですよ!   あ、おじいちゃん虫取りかな 安心してください、彼らも「かかし」です   かかしです、かかしです、かかしです、、、 あ、こちらは、、失礼、村の...

詳しくはこちら>>


1 / 2612345...1020...最後 »