銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
銀ステ旅先案内人

銀のステッキアーカイブ

2017年7月19日
黄色いスペイン・ピレネー山麓 ~添乗報告です~
かの国から帰国して数日。あれ、目が疲れてるのかな、なんだか色彩が地味やなぁ…と思ったら、スペイン帰りだからなのでした。スペインのカタルーニャ地方とピレネーを訪ねた9日間。人も、花も、お料理も、色鮮やかな国でした。バルセロナ旧市街の小径カタルーニャ音楽堂の見事な天井フィギュアではありません。完成間近!今なお工事中のサグラダファミリア西日を浴びて輝くサグラダファミリアのステンドグラスこちらもガウディ作...

詳しくはこちら>>


2017年7月15日
富良野ガーデン街道 ~添乗員報告です~
富良野と言えば北海道の真ん中、つまり北海道の“へそ”をめぐる3日間ですいつもお世話になっている佐藤ドライバー、こんな可愛い手作りの地図を皆さんに作って配ってくれましたズバリ、真ん中、ですねそれが証拠に”北海道中心標”富良野小学校の校庭にあります北海道の地図の下から、ここに棒を当てれば釣り合うってことかしら?しばらく走ると、富良野の代名詞、ラベンダー畑バックの十勝岳、大雪山系もまだ残雪を抱いています...

詳しくはこちら>>


2017年6月15日
彩北の花の島、礼文島 ~添乗員報告です~
「今年はどんなお客さん?」 礼文島のいつもお世話になっているドライバーさんから連絡があり 「いつものウニ丼でいい?次の日は炉端でちゃんちゃんだよね」 続いて礼文島にふたつしかない漁協組合さんからもそれぞれ連絡 そこで私の導火線に火が付きました、そろそろ礼文島の季節・・・! 銀のステッキをたちあげた初年度からご案内している礼文島のツアーは 今年で8回目となり、礼文島が...

詳しくはこちら>>


2017年6月10日
木霊の森、天生(あもう)湿原
「天生」と書いて何と読むのか分かりますか? てんしょう?てんせい?答えは「あもう」です。 私は、ここ飛騨市で生まれて育って、飛騨の森が大好きで、 もう何十年も飛騨の森を案内しています。 今日は雨ですけど、雨でしか見られない景色や花の姿もあって 晴れている時よりも、多くの発見があると思います。 是非、皆さんもこの森を好きになって帰っていただきたいと思います。 こんな...

詳しくはこちら>>


2017年6月2日
ほのぼのかかしの里〜添乗員報告です〜
あの〜  並んでます? あら?   安心してください、 「かかし」ですよ!     あ、ご、ごめんなさい! 安心してください、 こちらも「かかし」ですよ!   あ、おじいちゃん虫取りかな 安心してください、彼らも「かかし」です   かかしです、かかしです、かかしです、、、 あ、こちらは、、失礼、村の...

詳しくはこちら>>


2017年5月28日
朱鷺色の佐渡島~添乗員報告です~
”フォトジェニック”とは、最近よく使われる言葉で 思わず写真を撮りたくなるような絶景のことだそう 今回の佐渡島の旅も、まさに”フォトジェニック” 澄んだ青い空、流れる雲、鮮やかなカンゾウの黄色、柔らかい新緑の色、、 など、とってもカラフルで、明るい島でした (近代遺産の象徴「東洋一の北沢浮遊選鉱場」 世界で初めて金銀の浮遊選鉱法を実用化しました。ブラタモリでも紹介...

詳しくはこちら>>


2017年5月22日
明石海峡大橋・ブリッジワールド~添乗員報告です~
先日、「明石海峡大橋・海上散歩」へ行って来ました。 昨年11月に開催予定でしたが、施設の故障により 惜しくも中止となった本ツアー。 五月晴れの雲ひとつない、絶好の天気。 上の写真、2本ある橋の支柱の手前の頂上に登りました。 「最近は晴れても水平線がはっきりと見えない日が 多かったんですが、今日は久しぶりによくみえる日です。」 ガイドさんも太鼓判。 まずはツアーの注意事項と、明石...

詳しくはこちら>>


2017年5月17日
日高・十勝の桜~静内・優駿さくらロード添乗報告です~
北海道といえばこの方、佐藤ドライバーの案内のもと、 日高・十勝の桜を訪ねてきました! きっと、今年最後のお花見です。 まずは1日目、日高・浦河へ。 サラブレッドの故郷です。 JRAの牧場を彩るエゾヤマザクラの並木道。 「優駿さくらロード」と呼ばれ、3㎞にもわたって桜の巨木が迎えてくれます。 お宿から優駿さくらロードへは、徒歩すぐ。 夕食後、ライトアップされた桜...

詳しくはこちら>>


2017年5月6日
城端(じょうはな) 曳山祭り ~添乗員報告です~ 
越中の小京都、南砺市城端の春を彩る、城端神明宮の祭礼「曳山祭」。 全国各地、「曳山祭」と名の付く祭りはたくさん伝えられていますが、 ここ城端の曳山祭が他と違って、「ぜひとも行ってみたい!」と思ったのはふたつの理由からです まず、①飾り山 そして、②庵唄所望(いおりうたしょもう) です   昨年の秋、城端でおこなわれるもうひとつの秋の祭り 「むぎやまつり」に訪...

詳しくはこちら>>


2017年5月3日
添乗レポート~ラオス、托鉢の時間~
帰国から、はや2ヶ月。 さすがにそろそろ添乗レポートを書かなければと、 ラオスでの写真を久しぶりに見返していて、吹き出してしまいました。   ツアーのハイライトに相違ない古都ルアンパバーンの夜明け前、托鉢の一コマ。 ガイドの好青年、カントン君が用意してくれた小さな椅子(一部、大きな椅子)にちょんと腰かけたお客さま。私がカメラを向けているのにも気づかず、抱きかかえた籠に手をつ...

詳しくはこちら>>


1 / 2512345...1020...最後 »