銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
銀ステ旅先案内人

2017/04/11

菜の花の済州島へ(3日目) ~添乗員報告です~

3日目です。

 

やはり、この島のシンボルは、中心地にある「漢拏山」でしょう。

登山ツアーではないので、車で登山口まで。

でも、悪天候と聞いて曇天スタートした旅だったので、

この日があまりにぽっかり青空で、これはもったいない!?となり、

少し登山道を歩いてみました。

 

お客様曰く、「富士山の樹海に似ているね」

なるほど、どちらも溶岩が流れ出してできた火山による景観、確かに。

ハイキング好きのみなさん、というより自然に抱かれる気持ちの良さを

知っているみなさん。

よく歩きました。

もちろん、今回は、ウォーキング程度の旅、としてうたっていましたので、

漢拏山は、雰囲気だけ。

でも、この達成感の笑顔^_^

まるで山頂まで登頂したかのような、、、いいお顔でしょう。

 

済州島は、石の島。

龍頭岩、その名のとおり。

見えますか?

ウェドルゲ(一人ぼっちのおばあさんの岩)

見えますか?

 

最終日のお昼は、島ならでは、海鮮鍋。

魚介のいい出汁がたっぷり、スープがマシッソヨ!

 

で、日本人としては、

どうしても、鍋料理のフィニッシュ「おじや」にしたくなってしまい、、、

生卵を追加して、この後、「海鮮おじや」に舌鼓。

現地ガイドさんもびっくりしながら、

美味しそうだから家でもやってみようと、

熱心にメモを取っていました。

 

3日間の旅を終え、最後、空港前のご挨拶。

みなさんに、旅の感想をお聞きすると、

「韓国のイメージがずいぶん変わりました」

もちろん、いい方にですと^_^

 

目で、耳で、舌で、そして心で、実際感じたことが、指標ですよね。

何事も。

素敵なガイドさんにも恵まれ、

みなさん、名残惜しそうに、空港でお別れされていました。

 

それを見るにつけ、

このお仕事をする冥利に、感じ入っていました。

 

私自身も始めての済州島でしたが、島ならではのゆるい空気感や、

みかん畑や、海女の暮らしや、風の音や、強いオモニの姿や、

人の優しさや、悪道路や、

いい旅だったと思います。

 

自然好きの方には、小さな島に凝縮されたエコ見所が溢れていました。

日本から僅か、1時間30分のフライト。

今回参加の方から、すでに季節を変えて、企画して欲しいとリクエスト。

わかります。

早速また、秋に企画したいと思います。

 

ぜひ、ご期待ください。

 

旅のハイライト、菜の花に包まれる、心女子のみなさん。

ありがとうございました。

(2017年4月8日Day3)

 

 

 

銀のステッキスタッフご紹介

まだ十代のころ、初めて参加した海外ツアーで献身的な添乗員さんの働きぶりに触れ、「私にはとてもムリ…」と思ったものですが、その後なぜか旅行業に就き、長らく海外ツアーの手配・添乗を担当しています。思うに、何でも食べられ、何でも飲めて、どこでも一瞬で眠れる、その一種の鈍感さが海外添乗向きなのかと(世の添乗員さん、ごめんなさい)。一方、趣味が高じて、国内ツアーで担当しているのは落語や歌舞伎など舞台もの。共通するのは、非日常へのトリップです。

古都奈良で生まれ育った環境からか、小さい頃から寺社仏閣めぐりが大好き。美しい仏像に出会えた時が、心ときめく瞬間です。休みがあればもっぱら温泉へ。それが山奥の鄙びた宿であれば尚良し。寺社にしても温泉にしても、脈々とその心を守ってきた人がいて、文化が継承されてきた証です。賑やかな表通りではなく、裏通りの忘れられたような場所にこそ、思いがけない出会いと旅の醍醐味があります。シブくて味わい深い旅を皆さまと一緒に築き上げていきたいと思います。

赤とんぼの街・たつの出身の私は、教室から見える山々を見て育ちました。山に秘密基地を作り、落ち葉を踏んで音を鳴らし、川でいかだ下りをしたり…。そんな私が大きくなり、海外に興味を持ち、2年間アフリカの真珠「ウガンダ」で生活しました。見たもの触れたものに、驚き、学び、活かすことを覚え帰ってきました。皆様とご一緒する中で目にする風景をいろいろな記憶と重ね、幼いころと変わらない気持ちで今日も皆様に特別な一日をお届けします。

徳島県という海と川に恵まれた土地で育ったせいか、旅先もまた海や川などの水辺が多い私。美しい景色をただ眺めているだけでも十分なのですが、一番の楽しみはダイビング。水中の浮遊感はそれだけで日常を忘れさせてくれます。どれだけ普段の生活から離れられるかが行先を決める基準かもしれません。最近、山の楽しさにも気づき、登ったり下ったりと忙しい日々です。四季折々の景色を見に…、いえ、体を動かすのが一番! 皆様のリフレッシュの旅に、ご一緒させていただきたいと思います。