銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
銀ステ旅先案内人

2017/05/03

添乗レポート~ラオス、托鉢の時間~

帰国から、はや2ヶ月。
さすがにそろそろ添乗レポートを書かなければと、
ラオスでの写真を久しぶりに見返していて、吹き出してしまいました。

 

ツアーのハイライトに相違ない古都ルアンパバーンの夜明け前、托鉢の一コマ。

ガイドの好青年、カントン君が用意してくれた小さな椅子(一部、大きな椅子)にちょんと腰かけたお客さま。私がカメラを向けているのにも気づかず、抱きかかえた籠に手をつっこみ、忙しく何かをこねくりまわしているのです。

お客さまの視線の先にあるのは、籠のなかの炊きあがったもち米。これを指でまとめて団子大の固まりにしたものを、幾つも幾つも幾つも(!)作っているのです。


時計は朝の6時前を指しています。

じきに、お寺ごとに列をなして、オレンジ色の袈裟だけをまとった僧侶が喜捨を求めてやってくる時間です。お坊さんとはいえ大半がまだ子ども達である僧侶の列が、多い時には数十人も絶え間なく、我々の前を通り過ぎていく。そのときに、小さな固まりにしたもち米を托鉢僧に差し上げる。しかも、列が滞らないようテンポよく。皆さん、その準備に余念がないのです。


「あれ、私もう、もち米なくなっちゃった」

「あなた、固まりが大きすぎるのよ」


そんなやりとりと笑いのなか、1時間ほどの「托鉢体験」は無事、終了したのでした。

――その夜明け前のルアンパバーンでの時間を、今も折にふれ思い出します。慣れぬなか、見よう見まねでやってみた「托鉢体験」を、ではありません。今朝も托鉢に出ているラオスの僧侶と、毎朝もち米とおかずを寺院に運ぶというラオスの人たちのことをです。

 

今は26歳だというガイドのカントンさんは、11歳から13年間、僧侶だったそうです。


「大好きだったおばあさんが亡くなったとき、家族に説得されてお坊さんになりました。

お坊さんのとき、年に一度だけ、村のお母さんに会いにいきました。
でも、お母さんは女の人だから、ハグできない。それがつらかった」


「けれど、もっとつらかったのは、お坊さんをやめたとき。

服も、何を着ていいか分からない。ふつうの生活のいろんなことが分からない。
今も町ですれ違ったとき、分かりますよ。この人は前にお坊さんだったんだなって」


あのラオスでの朝、もち米を手でこねて差しだしているとき
――もちろんそれは観光客向けの「疑似体験」に過ぎないのですが――、あとで不思議な感覚が体に残りました。それは私自身、久しぶりに味わった、お金を介さない「もののやりとり」でした。

 

今の自分の生活を振りかえってみると、何かをやりとりするとき、そこにはたいていお金が介在します。日々の仕事ではもちろんお客様からお金を頂戴していますし、ホテルや食事先・交通機関などには逆にお金を支払っています。

 

仕事を離れた日常ではたいていがお金を払う側、つまり「消費者」。毎日のスーパーでの買い物も、ときどきの外食やお茶も、ライフラインであるガスも水道も電気も、ひょっとしたら馴染みの美容師さんとの「会話」だって――。

お金を払う側の自分と、お金をもらう側の自分がそのときどきで入れ替わって、オセロの白と黒のように立場が逆転して…。それが、今の日本の都市部で暮らす人たちの日常かもしれません。

 

「お坊さんはつらかった」と訴えるカントンさんは、最後に訪ねた寺院で熱心にお経をあげてくれました。その声を聴きながら、私も久々に何かを祈りました。

お金を介さないことで、白と黒のどちらでもなかった托鉢の時間。そんな時間があったことを思い出させてくれたのが、私にとってのラオスという国でした。

 


≪ほかにも、ラオスお気に入りのひとこま≫

(3/1~3/6 ラオス6日間)

銀のステッキスタッフご紹介

まだ十代のころ、初めて参加した海外ツアーで献身的な添乗員さんの働きぶりに触れ、「私にはとてもムリ…」と思ったものですが、その後なぜか旅行業に就き、長らく海外ツアーの手配・添乗を担当しています。思うに、何でも食べられ、何でも飲めて、どこでも一瞬で眠れる、その一種の鈍感さが海外添乗向きなのかと(世の添乗員さん、ごめんなさい)。一方、趣味が高じて、国内ツアーで担当しているのは落語や歌舞伎など舞台もの。共通するのは、非日常へのトリップです。

古都奈良で生まれ育った環境からか、小さい頃から寺社仏閣めぐりが大好き。美しい仏像に出会えた時が、心ときめく瞬間です。休みがあればもっぱら温泉へ。それが山奥の鄙びた宿であれば尚良し。寺社にしても温泉にしても、脈々とその心を守ってきた人がいて、文化が継承されてきた証です。賑やかな表通りではなく、裏通りの忘れられたような場所にこそ、思いがけない出会いと旅の醍醐味があります。シブくて味わい深い旅を皆さまと一緒に築き上げていきたいと思います。

赤とんぼの街・たつの出身の私は、教室から見える山々を見て育ちました。山に秘密基地を作り、落ち葉を踏んで音を鳴らし、川でいかだ下りをしたり…。そんな私が大きくなり、海外に興味を持ち、2年間アフリカの真珠「ウガンダ」で生活しました。見たもの触れたものに、驚き、学び、活かすことを覚え帰ってきました。皆様とご一緒する中で目にする風景をいろいろな記憶と重ね、幼いころと変わらない気持ちで今日も皆様に特別な一日をお届けします。

徳島県という海と川に恵まれた土地で育ったせいか、旅先もまた海や川などの水辺が多い私。美しい景色をただ眺めているだけでも十分なのですが、一番の楽しみはダイビング。水中の浮遊感はそれだけで日常を忘れさせてくれます。どれだけ普段の生活から離れられるかが行先を決める基準かもしれません。最近、山の楽しさにも気づき、登ったり下ったりと忙しい日々です。四季折々の景色を見に…、いえ、体を動かすのが一番! 皆様のリフレッシュの旅に、ご一緒させていただきたいと思います。