銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
銀のステッキおすすめの旅

宿泊

№5505 2017年夏! 花火芸術の最高峰 大曲の花火

  • EV_20002795_4506
  • web_ImageView3 (1)

①花火観賞は【A】河川敷の桟敷席、又は【B】結婚式場の屋上観覧席よりお選びください。

②大渋滞となる大曲への往復は新幹線でスムーズに移動。

 *帰路【大曲++盛岡】の新幹線・指定席確保できました。花火が終わった後もご安心してスムーズにホテルまでお戻りいただけます。

③駅近ホテルに2連泊。最少限のお荷物で身軽に観賞。

【期日】

2017年8月25日(金)~27日(日)

【旅行代金】

2名1室利用 139,000円
1名1室利用 149,000円

【出発地】

伊丹空港(午前発予定)
※添乗員同行、2泊7食

【旅の魅力】

「花火芸術の最高峰」と呼ばれ、人口4万人の秋田県の小さな町に70万人が押し寄せるという全国屈指の花火大会。銀のステッキ旅行の夏は、この大曲の花火なくしては語れません。

日本一をかけて集結した腕自慢の花火師たちが自らの手で、この日のために作りあげた花火を打ち上げます。試されるのは、技術、創造力、そして度胸――。

銀のステッキ旅行として8年目のご案内となる今年、花火の打ち上げ場所により近い「河川敷の桟敷席」での鑑賞でご案内したところ、従来の結婚式場の屋上観覧席を希望される方が多かったことから、観覧席を2カ所に分けてご案内いたします。以下のふたつより、ご希望の観覧場所をお選び下さい。

【A】結婚式場の屋上観覧席(イス席、トイレも安心、大曲駅に近いため帰路もスムーズ)
【B】河川敷の桟敷席(花火の打ち上げ場所に近いことが魅力。仮設トイレ利用。帰路はA同様、新幹線を利用しますが、ホテル帰着はAよりも約1時間遅くなります)

※【B】の桟敷席利用の方は、上記料金より5,000円引きとなります。

今回で8回目を迎える銀のステッキの夏の一番人気のコースです。ぜひご一緒下さい。

【旅程】

3日間 スケジュール
1日目

伊丹空港(午前発予定)✈仙台空港
=花巻(光太郎が7年を暮した“高村山荘“と高村光太郎記念館)
=盛岡「メトロポリタン盛岡NEW WING」【泊】
(洋室1~2名1室利用)

2日目

角館(城下町散策)=角館駅+++【新幹線立席で乗車約10分】
+++大曲(「大曲花火」観賞 *19:00~21:30) +++【混雑を避けて新幹線で帰路へ】
+++盛岡「メトロポリタン盛岡NEW WING」【連泊】(深夜到着)

3日目

朝ゆっくり出発
=小岩井農場(重要文化財に認定された歴史的建造物も)
=仙台空港✈伊丹空港(夜着予定)

✈:飛行機 =:車両 +++:鉄道 …:徒歩

宿泊

№5529 長野えびす講煙火大会

  • 8443762822fe43509689ab93197e571b
  • web_ImageView3 (1)

【期日】

2017年 11月23日(木・祝)~24日(金)

【旅行代金】

2名1室利用 69,000円
1名1室利用 75,000円

【出発地】

JR新大阪駅・京都駅(午前発予定)
※添乗員同行、1泊朝食付

【旅の魅力】

もとはと言えばお客様からのリクエスト。でも調べれば調べるほど、この花火大会はスゴイはず!と期待に胸が高鳴ります。始まりは明治32年。今年で112回目を数えるということは、なんと大曲より歴史は長いのです。すでに大正時代には花火師を厳選し、技術が未熟な者の参加を許さなかったことから、全国の花火師からは“出世煙火”と呼ばれたそう。銀のステッキでは初めてのご案内ですが、イス観覧席も、花火会場最寄りのホテルも確保しました。あとの心配事は秋の夜の寒さだけ。暖かくしてお出かけ下さい。

【旅程】

3日間 スケジュール
1日目

JR新大阪・京都駅(午前発予定)++【新幹線】++名古屋(乗換)++〈JR特急〉++長野駅
・・・(駅前のホテルにチェックイン)・・・長野駅
=〈シャトルバス利用〉=犀川河川敷(1、第112回「長野えびす講煙火大会」を観覧席(イス席)より見物)
=〈シャトルバス利用〉=長野駅前「ホテルメトロポリタン長野」【泊】

2日目

朝ゆっくり
=1、信州松代(松代城跡など真田十万石の城下町を散策)
=長野駅〈JR特急〉++名古屋(乗換)++【新幹線】++JR京都・新大阪駅(夕刻着予定)

✈:飛行機 =:車両 +++:鉄道 …:徒歩