銀のステッキ

ご予約お問い合わせは0797-91-2260 詳しくはこちらから
ツアーカレンダー

2016/09/28

宿泊

№5537 郡上本染寒ざらしと飛騨古川

【期日】2018年1月19日(金)~20日(土)(1泊4食) 

【旅行代金】 2名1室利用:78,000円

       1名1室利用:88,000円 

【出発地】 JR新大阪・京都駅(午前発予定)

「寒ざらし」とは、岐阜県の重要無形文化財である「郡上本染」の手法で描かれた鯉のぼりを川にさらし、布についた糊を落とす作業で、年に2日のみ、大寒の日におこなわれます。冬の冷たい清流で洗うと布が引き締まり鮮やかな色になるそうです。身を切るような寒さの中、郡上本染の技術を伝承者たちが伝統の技を披露します。

・厳冬のライトアップ

白銀に染まる北アルプスを望む奥飛騨温泉郷。しんしんと降り積もる雪の世界では、夜になるとあちらこちらでライトアップがおこなわれます。冬の雪国に広がる、あたたかい幻想の世界と白銀の景観美をお楽しみください。

 

【旅程】

➊JR新大阪・京都(午前発予定)++【新幹線】++名古屋++【特急】++JR高山=1、飛騨古川(1、白壁と瀬戸川の町並みや、情緒ある町並み、弐之町、三之町など散策)=高山・ホテル(チェックイン後、早めのご夕食後、出発)= 奥飛騨温泉郷(「タルマかねこおり」(タルマの滝)ライトアップや、青だるライトアップ)=高山【泊】  

➋=1、郡上八幡(1年に2日のみ 行われる 「鯉のぼり寒ざらし」見学と清流の城下町散策)=JR美濃太田++名古屋+++【新幹線】+++JR京都・新大阪(夕刻着予定)   

宿泊/➊ホテルアソシア高山リゾート(洋室1~2名1室利用)温泉大浴場がございます

 

※宿泊旅行は、8名以上参加の場合のご料金となります。
お申し込み前に必ずお読みください>>